住宅ローンの繰り上げ返済とは

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。
ですが、借り換えは必ずしもメリットだけを生みだすものではありません。
理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。
無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。
借り換えを考えている時はそういった事も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。
住宅ローンの支払いを長い間していると思いもよらない現金が手に入る事もあるかと思います。
そんな時は、繰り上げ返済を検討する事をお勧めします。
繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。
繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済をする際に手数料がかかる銀行もあります。
住宅ローンを組む際に気になるのが金利です。
ローンの金利には大きく分けて変動金利もしくは固定金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらを選んでよいか迷ってしまう・・という時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。
住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告も目にしますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。
ただし、月々の返済は多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を買うとなると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

住宅ローン繰上返済シュミレーション!【手数料とメリットは?】